さびない女の味方!ビタミンE

「さび止めのビタミン」「若返りのビタミン」とも呼ばれるビタミンE。

強い抗酸化作用があり、体内で発生する活性酸素からからだを守り、老化を防ぎます。

同時に、シミ、くすみ、雀卵斑(そばかす)をできにくくする効果も。

さらには、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすので、動脈硬化など生活習慣病の予防効果もあります。

ビタミンCと一緒に摂ることにより、相乗効果でより強い抗酸化作用を発揮します。

血行が促され、肌の代謝が整うことで、メラニン色素を多く含んだ古い角質がスムーズに脱落し、シミのない肌へと近づけます。

ビタミンEを上手に摂るには…

ビタミンEは脂溶性ビタミンのため、水洗いなどで失われることはありません。

食品は油と一緒に調理することでより吸収が高まります。

脂溶性ビタミンの場合、過剰症(肝臓に貯蔵されることによる中毒症)が気になりますが

ビタミンEは体内で服収量がコントロールされるため、摂りすぎの心配はありません。

サプリメン卜に関しでは、過剰摂取で骨粗しょう症のリスクが高まる可能性も報告されています。

適正量を守りましょう。

さび止め&美自に期待。L-システイン

L-システインは、たんぱく質を構成するアミノ酸の一種。

皮膚の代謝や肝臓の解毒作用に関与し、ビタミンCと同時に摂ることで皮膚の色素沈着をもたらすメラニンの生成を抑え、黒色メラニンを無色化します。

さらに、肌のターンオーバーを促し、新しい細胞への生まれ変わりを助けます。

すでにできてしまったシミ、くすみ、ニキビ痕の色素沈着などの排出も促進。

美白効果が期待できます。

また、抗酸化作用や体内のコラーゲン線維を生成する効果があり、肌の弾力を高めて、老化防止にも役立ちます。

抗アレルギ一作用もあり、湿疹、じんましん、薬疹などにも処方されます。

体内でアルコールを分解する酵素の働きを助けるため、一日酔いの改善効果もあります。

抗酸化力、脂肪燃焼力あり!リコピン

トマト、スイ力、ピンクグレープフルーツ、あんず、グァバは好きですか?

これらに多く含まれているリコピンは、カロテノイドの一種で脂溶性の赤色の色素。

強い抗酸化能力をもつため、摂取することで、シミ、シワ、肌あれ、くすみなどの原因となる活性酸素を除去し、透明感のある健康的な肌を保つことができます。

また、生活習慣病の予防・改善効果、脂肪燃焼を促進する効果、血流を改善し血栓を予防する効果など、さまざまな健康効果もあります。

赤い色素は美肌の味方。積極的に摂りましょう。

肌、目、脳の老化予防に、アスタキサンチン

アスタキサンチンを知っていますか?

さけ、えび、かに、いくらなどに多く含まれる天然の赤い色素でカロテノイドの一種。

優れた抗酸化作用があり、メラニンの合成を抑制する効果もあります。

また、数多くある抗酸化物質成分の中でも脳と自で働くのも大きな特徴。

そのため、紫外線によるダメージが原因と考えられる目のトラブルを予防する効果や、脳の衰えを防ぐ効果や脳疾患予防への期待が高まっています。

悪玉コレステロールが酸化されるのを防ぎ、善玉コレステロールを増やすなどの効果により、血液中の脂質異常を防いで、血管の老化を抑制する働きもあります。