美肌を作るためには白漢しろ彩がとてもおすすめですが、お肌をきれいに保つためにおすすめな方法は様々なものがあり、色んなものを試してみることでご自身にあったスキンケアを見つける事ができるでしょう。

ここでは美肌のために良いと言わる「禁酒」と「ほうれん草」について少しお話していこうと思います。

まずは肌の基礎的な知識からお話ししてそれらの内容についても書き進めて行きたいと思いますのでぜひお付き合いいただいて美肌のための方法をチェックしていっていただければと思います。

その内容について理解したうえで白漢しろ彩を使用していくことで、ただ単に代替で白漢しろ彩を使用するよりも、より効率よく使用していくことができることと思います。

 

「肌のバリア力」は角層の状態がカギ

汚れや花粉など外からの刺激があっても肌が健康であれば、それを跳ね返すことができます。

このような肌のバリア力を生み出しているのが角層です。

角層の状態が良好であればバリア力は強くなり、悪くなればバリア力は弱くなります。

たとえば、肌をこすると角層にある角質細胞間脂質(セラミドなど)が失われ、バリアカを著しく低下させます。

一度失われると回復に時間がかかり、バリアカが弱い状態が続くため、その間に通常は反応しない刺激に対しでも反応して炎症を起こすことがあります。

肌のバリア力維持のためには角層を健やかに保つお手入れが重要になります。

自分が使っている保湿化粧品のタイプは?

保湿化粧品は大きく2種類に分かれます。

皮膚からの水分の蒸発を防いでやわらかく保つエモリエント(おもにオイルやパムなどの油脂類)と、水分保持作用のある保湿成分を含むモイスチャライザーです。

保湿成分を角層に届けるお手入れがもっとも確かな保湿の結果を出すため、モイスチャライザーのほうが保湿力は高く、1品はもっていたい化粧品です。

べ卜べ卜するオイルなどを塗らなくても十分に保湿できます。

モイスチャライザーを手に入れ、毎日使いましょう。

お酒の飲みすぎで肌は荒れる?

今日は「禁酒の日」

1920年、アメリカで禁酒法か実施された日です。

そこで、お酒の話。

深酒が続いたとき、肌の状態が悪く、化粧がのらずに困った経験はありませんか?

アルコールは肝臓で分解されますが、そのときナイアシン(ビタミンB3)などのビタミンB群、亜鉛などが大量に使われます。

これらは細胞の生まれ変わりに必要なもの。

皮や粘膜の健康維持を担う美肌に欠かせない栄養素です。

消費量が増え、肌に届く量が減ると、肌の調子に悪影が出てきます。

飲みすぎてしまえば、メイクをしたまま寝てしまうことも。

美肌のためにもお酒は適量がベストです。

ほうれん草で肌あれ予防

肌荒れが気になる時は「ほうれん草」を食べましょう。

1年中手に入りますが旬である12月から1月の霜地ものは葉が肉厚で色も濃く、霜に当たると甘みが増し、さらに栄養価も高まります。

抗酸化作用のあるβーカ口テンや、皮膚や粘膜を正常に保つビタミンB2を豊富に含みます。

女性には欠かせない鉄やカリウム、マグネシウムなどのミネラルもたっぷり。

皮膚炎を防ぐのに役立つビタミン、ビオチンなどももち合わせています。

骨の形成にかかわるマンガンが多く含まれる根の赤い部分まで、食べるようにしましょう。

おひたしや妙め物、常夜鍋などがおすすめです。