メイク落としで肌をいじめないで

メイクを落とすときは、メイク専用のクレンジング剤が必要です。

ファンデーションやアイラインなどのメイク化粧品はほとんどが油性です。

そのため、クレンジング剤の多くは、化粧品の油分と水とをなじませる媒介役として界面活性剤が含まれています。

クレンジング剤のタイプがオイル、ジェル、ミルクなど多岐にわたるのは、油分と界面活性剤、それから水分の配合比の違いからきています。

油分がメイク化粧品を肌から浮かせ、界面活性剤は浮いた油汚れを水となじませて落とします。

基本的には、油分の多いものほどメイクがよく落ち、なおかつたくさんの界面活性剤が必要になります。

洗浄力の強い順に並べると、オイル、ジェル、クリーム、ミルクの順になります。

シートタイプのクレンジングは刺激が強いので注意が必要

ちなみに、シートタイプのクレンジング剤は、手軽ではありますが、油分でメイクを浮かせるプロセスを省いて界面活性剤だけで落とすもので、アルコールや防カビ剤が含まれているものもあり、肌への刺激はそのぶん大きくなってしまいます。

さらにシートで拭く摩擦が肌の負担となりやすいので、旅行先などで使用するのには便利ですが、毎日のケアにはあまりおすすめできません。

最近では、油分も界面活性剤も含まないクレンジングウォーターというものも出てきています。

これは、クレンジングと洗顔、化粧水をひとつにしたようなもので、コットンに浸して拭きとるタイプです。

プロテアーゼやリパーゼといった、たんぱく質、脂質の分解酵素などを配合していて、その力でメイクを落とします。

肌への負担も軽く、手早くできるため、時間のないときや外出先などでは便利ですが、こすり落とすようにしてしまうと、当然肌への負担が大きくなります。

どのクレンジング剤を選ぶかは「メイクの濃さとのバランス」で考えてみましょう。

メイクの濃さでもクレンジングのおすすめタイプは異なる

クリーム系のファンデーションを使って、アイラインやマスカラもしっかりめのメイクをされる方はオイルクレンジングが手早くしっかり落とせると思います。

パウダー系のファンデーションやおしろいでパウダー系中心のメイクをしている方は、クリームタイプやミルクタイプで十分でしょう。

メイクが濃い方が洗浄力の弱いミルクタイプを選ぶと、メイクがなかなか浮きあがらず、ついこすり洗いなどしてしまって、かえって肌に刺激を与えてしまうこともあります。

あるいは、ふだん軽めのメイクしかしない人が洗浄力の強いオイルクレンジングをしても、あまり意味がないかもしれません。

ただ、使用感の好みや肌との相性もあるので、とくにトラブルや乾燥を感じることがなければ、どれをお使いになってもいいと思います。

クレンジングは短時間で「浮かせて落とす」

クレンジングで重要なのは、肌に刺激をえすぎないことです。

クレンジングはこすって落とすのではなく「浮かせて落とす」ものです。

クレジング剤は肌にこすりつけなくとも、メイクと接することで、ファンデーションなどのメイク汚れが浮きあがるようにできています。

ときどきクレンジング剤を利用してマッサージしている人がいますが、これは肌をいじめる行為。

クレンジング剤はマッサージクリームの代用にはなりません。

クレンジングの正しい方法

1.パッケージに書かれた使用量を手にとり、顔の中で皮脂量の多いところから、鼻、額、あご、最後に頬と、部分置きしていきます。

2.同じ順番で、指の腹を使って顔全体にやさしく伸ばします。
指は軽く浮かせたような状態で、クレンジンク剤のなめらかさを利用して指をすべらせます。

3.最後に、小鼻の脇や下、唇の下、目のまわりなど凹凸のある部分にも指をすべらせて、メイクとクレンジンク剤をなじませます。

4.ぬるめのお湯で手早く洗い流します。
このあと、通常の洗顔料を使うならばすすぎはさっと洗い流す程度でOK。
あまりしっかり流しすぎると、必要な皮脂まで落ちてしまいます。

※クレンジング剤を肌につけてから洗い流すまで1~2分程度の短い時間で済ませるのが、肌に負担をかけないクレンジングのコツです