年齢肌にはピーリング化粧水がおすすめ

肌の保湿というと、何はなくとも化粧水と思われがちです。

でも、それは正しくありません。

化粧水はそれだけで保湿というよりは、どちらかというと「肌を整えてあげる」ためのものです。

「肌を整える(整肌)」とは、余分な汚れや垢を落として適度にうるおいを与えること。

肌をまっきらな状態にリセットしてあげることです。

整肌効果の高い化粧水の特徴

整肌効果が高い化粧水とは、グリコール酸、乳酸などのやさしいピーリング剤が入った化粧水です。

肌のお手入れ用の拭きとり化粧水などもピーリング系に含まれます。

ピーリングというと、肌の角質をむりやりはがすようなイメージがありますが、化粧水に配合したものであれば効果がおだやかで、毎日使うこともできます。

ピーリング化粧水を使うと、不要になった角質をやさしく排除してから、本格的な保温のステップに入ることができます。

使いつづけると、肌のザラッとした感触がなくなり、つるっとした手ざわりになり、透明感が出て、メイクのノリもよくなってきます。

さらにウェルエイジング効果をプラスするならば、ビタミンCなどの抗酸化作用のある成分をプラスした化粧水がおすすめです。

肌は外界に接し、紫外線や排気ガス、オゾン等にさらされています。

こうしたストレスにぶつかるたびに、活性酸素が発生し、表皮細胞のDNA、たんぱく質、脂質を傷つけていきます。

ビタミンCにはこの活性酸素を除去するはたらきがあります。

このようなはたらきを抗酸化作用といます。

ビタミンC配合でもその種類に注目!

ビタミンC自体は壊れやすく浸透力が弱いため、そのままの状態で化粧品に添加しでもあまり効果はありません。

ただしビタミンCの分子を改善した「ビタミンC誘導体」と呼ばれる成分は、壊れにくくて、浸透しやすい構造になっています。

また、高濃度のまま成分が安定化された「高濃度安定型ビタミンC」も有効です。

ビタミンC誘導体は、紫外線による活性酸素ストレスから肌を守ってくれるので、朝のスキンケアとして使うのも効果的です。

最近はビタミンC誘導体を配合した化粧水が広く普及し、簡単に手に入るようになりました。

高濃度のものは、それなりの価格になってしまいますが、肌に充分浸透させるには、ある程度の濃度が必要です。

低濃度のものなら、イオン導入器を用いて浸透させるのが効果的です。

抗酸化の働きが強い成分が入ったものを選ぶ

ビタミンA、E、アスタキサンチン、コエンザイムQ10なども抗酸化のはたらきがある成分です。

ビタミンAは、ターンオーバーを促進するのでニキビ跡のある肌に合います。

ビタミンEは、光老化から肌を守り、肌荒れの起こりにくい肌へと導いてくれます

アスタキサンチン、コエンザイムQmは抗酸化作用がひじょうに高いものです。

コエンザイムQ10は体内にあるものですが、20代をピークにだんだんと減少していきます。